王道バストアップ法「筋トレ」で大胸筋を鍛える!

綺麗なバストラインをキープしたいならば、筋トレがおすすめです。

筋トレといっても、筋肉モリモリの激しいトレーニングではなく、

綺麗なバストメイクを手助けできる、バストアップに効くトレーニングを紹介します!

筋トレでバストアップ、大胸筋を鍛える!

筋トレでバストアップを目指すならば、大胸筋を鍛えるエクササイズがおススメです。

大胸筋というのはちょうど胸のところにある筋肉のことです。

バスト自体は脂肪でできているので鍛える事で大きくすることは不可能なのですが、その土台のところにある大胸筋を鍛えてボリュームアップさせると、結果的にバストのボリュームもアップし、バストアップすることができるのです。

画像:しみずばし鍼灸整骨院様より

大胸筋は上部・下部・内側・外側の4つで形成されていますが、バストアップをするには上側と外側を鍛えるのが特に効果的であります。

大胸筋のエクササイズはバストアップだけではなく、バストの下垂の防止にも効果があります。バストの下垂は、バストを支えるクーパー靱帯が切れてしまう事で起こりますが、大胸筋を鍛える事でクーパー靱帯にかかる負担も減らしてあげる事ができるのです。

ですので、しっかりと筋トレをしている女性は歳をとってもきれいなバストをキープしていることが多いのですね。

筋トレ方法はいろいろあり、ジムのマシンを使うのも効果的なのですが、それだとなかなかトレーニングに割く時間が取れないことも多いので、家でやるトレーニングがおススメです。

バストアップ筋トレ「腕立て伏せ」

一番簡単なものは「腕立て伏せ」です。

バストアップのための腕立て伏せをするならば、通常より少し手の幅を広くとってやるのがおススメです。

こうすることで、特に鍛えたい大胸筋により負荷がかかり、効果的なトレーニングをする事ができます。
手を抜いて間違った姿勢でやってしまうとトレーニングの効果も半減してしまいますので、ポイントとしては肘は緩めず、手首と肘のラインが一直線上になるように意識しましょう。

腕立て伏せと言ってもしっかりとやるとなかなかしんどいものですから、もしきついと感じたらバランスボールを使うのもおススメです。
腕立て伏せの体制で、おなかの下にバランスボールを用意して乗っかるような体制で腕たせ伏せをしていきます。

もし大丈夫そうでしたら、足の方にバランスボールを移動するほど負荷は大きくなっていくので、自分の調子に応じて調節するといいですね。

通常の腕立て伏せよりはかなり楽にはなるものの、しっかりと大胸筋のトレーニングを行う事ができます。

バストアップ筋トレ「合掌ポーズ」

次に「合掌ポーズ」もおすすめです。

これはヨガでもよくあるポーズです。

背筋を伸ばして胸の前で手の平を合わせ、そのまま肘を肩の高さまで上げて上体と腕が直角になるようにし、息を吸って吐きながら手のひらを押しあって15秒キープする、というものです。

1セット5回ほど繰り返すのがおススメです。この時のポイントはしっかりと呼吸に合わせてすることと、腕ではなく胸の筋肉を意識することです。

少しの時間でできるトレーニングですが、続けることで美しいバストができるおススメのエクササイズです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA